ビジネスシーンでのタイ語翻訳

世界的に海外進出する企業が増えている

インターネットや交通手段の変化により、世界中の多くの企業が地球単位で競争を繰り広げるようになりました。日本の大企業はもちろん、近年は中小企業も海外に支社を置いたり、業務の一部を海外で行うケースも増えてきました。また、海外の企業と取引をする形で、海外進出を行う場合もあります。

旧来は「人件費の安い国で製造した製品を輸入する」といったモデルが多数を占めていましたが、現在は、国内で製造した製品・サービスなどを、海外に向けて販売・アピールしていく方向性に進みつつあります。円安と国内不況の煽りを受ける形で、企業の存続を掛けて海外へ進出するといった切実なケースも増えてきています。

 

海外進出ではプロの翻訳が必須となります

このように海外進出をする企業が増えている昨今、従業員にも様々なスキルが求められるようになってきました。その中の一つに語学力があります。就職活動の際に目にする求人票。そこには企業へ入社するために必要なスキルが記載されていますが、現在は語学力を必須スキルとしている企業が数多くあります。

実際に仕事を行っていくうえでコミュニケーションが大切なことは、どの様な業務であれ言語であれ共通ですが、タイの企業やクライアントと取引を行なう場合は、タイ語の会話力・読解力が必要なことは明らかです。

しかし会話レベルの語学力では、やはり業務をスムーズに行なうことは難しいものがあります。なぜなら実務を進めていく中では、必ず契約書や申請書類などの作成を伴うからです。このためどうしても各種書面の内容を正確に把握し、自分の意図どおりの内容を記述できる語学力が必要となってきます。

とはいえ法規関連の文書や、契約書などで使用される言葉や慣用句・用例は、どこの国のものであれ、一般的に馴染みのない言葉が多く使用された分かりにくいものです。実際に、アパートの契約書や保険証券を読んで内容を正確に理解する。又はそのようなものを作成すると考えれば、日本語であっても一筋縄では行かないものではないでしょうか?

このような背景からも、重要な部分はプロに任せるといった判断が、現実的な選択肢といえます。

 

タイ語翻訳は専門分野で分けられる

業務で使用される各種書面の翻訳を行うには、それぞれの専門知識をもった、内容を正しく解釈をして翻訳を行える翻訳者が必要です。

先に例に上げた法規関連の書類であれば、翻訳を行う言語能力以前に、法律に関する基本的な知識を持っていなければ翻訳は行えません。同様に医療関連の翻訳では、医療知識に乏しい翻訳者が間違った解釈で翻訳を行った場合、命にかかわる問題にもなりかねないのです。

このように業務で使用される場合は、専門分野に対する知識を持った担当者が翻訳を行うべきであり、一人が様々な分野の翻訳を行うことは、プロの翻訳者であっても技術的に無理があります。ましてしばしば見かける、一般通訳レベルの方が翻訳を兼任しているといったケースでは、大きなトラブルを招くことも致し方ないといえるものです。