日本の商品をタイで販売するための翻訳

タイで人気の日本製品

タイでは日本の工業製品の人気が非常に高く、特にバイクはHONDA・YAMAHA・SUZUKI・KAWASAKIが現地で製造販売を行っています。各社が販売シェア争いでしのぎを削っていることから、タイにおける日本メーカー製バイクの普及率は非常に高くなっています。また日本企業の化粧品もタイでは根強いニーズがあり、街中のドラッグストアでも著名な日本メーカー製化粧品が多数陳列されタイ人女性に人気となっています。

このように、日本の商品はタイでとても人気があるのですが、やはり販売する場合は、商品の魅力を十分に理解してもらうことが非常に重要です。例えば、バイクであれば商品ごとに特徴や性能などが違います。化粧品であれば、含まれている成分や使うタイミングなどを説明しなければなりません。セールスポイントをしっかり訴えかけるために、カタログを作製し商品の説明を行います。もちろんカタログの内容はタイ語に翻訳する必要がありますし、欲しい気持ちに火をつけるような翻訳が必要とされます。

 

ゲームやアプリにも翻訳が必要

近年タイでも普及してきたスマートフォンですが、スマホアプリなどでも同様のことが言えます。日本はゲーム開発などでも高い技術を誇っているため、多くの企業からスマートフォン対応のゲームやアプリが多数配信されています。非常に人気の高いゲームが数多くありますよね。

これらをタイで配信しようと考えた場合、当然ゲーム内に出現する言葉の翻訳を行う「ローカライズ」が必要になりますし、ゲームやアプリ自体のプロモーションも必要不可欠になります。ゲームアプリは基本プレイ無料のものが多く、ゲームを始める敷居は低いものの、逆にアクティブユーザーをどれだけ集められるかが勝負の分かれ目になります。ゲームの内容や楽しみ方、ゲーム性などの特徴をうまくタイの人に伝えて、継続して使い続けてもらうためには、やはりゲームの魅力をあますところなく伝えられるタイ語での説明が大切になるのです。

 

タイで人気の商品にするために

これらの例で共通して言えることは、いかに商品の魅力を説明しきれるか?ということです。元々日本人が作るものは、ハイクオリティということで定評がありますから、この部分を大切にすれば、タイでも商品を手に取ってもらえる可能性は高いものです。

しかしこのような翻訳は、ただ単に原文をそのままタイ語に翻訳すればよいというわけではありません。日本人とタイ人では感性が違う部分があるため、やはり日本語をそのままタイ語に翻訳しても、タイ人の心をつかめないことがあるのです。タイ語に翻訳すると同時に、タイ人ユーザーにしっかり訴求し刺さる文章に書き替える必要があります。このような翻訳を行えるのは、タイ語に精通した専門家だけです。商品説明における翻訳は通常以上の技術が必要となるものです。